未経験なら「未経験者歓迎」の求人が有利?

「歓迎」と「有利」は別物。会社が求めているのは能力が劣る応募者ではない。

力ン違いしている人が多いのだが「未経験者歓迎」とは、「未経験者優先」ではなく「【木経験者の応募】も歓迎」という意味。

実務が未経験でも、適性能力や基礎力がある人なら就職後に柔軟性や吸収力に期待しようこと。

大勢の応募者を集めるため「未経験者可・経験者優遇」といった表現もある。

いずれにしても求人に経験者の応募が多いと、未経験者はどうしても選考で優先度は低くなってくるのが一般的だ。

 認識しておきたいのは、求人企業が求めている人材は決して能力の劣る人材ではないとであります。

 意欲アピールも大切だが、自分に不足している実務経験を補うだけのプラスαをアピールしないと、

経験者との競争には勝てないと思っておきたい。

 

試用期間と見習って同じこと?

「試用期間」は本採用の決定を保留して働く、「 選考」の延長。「見習」は本採用後の配属の一種。

「試用期間」とは、正社員として希望をし、試用中は本採用契約を保留したまま働く期間を言います。

いわば、「お試し勤務」を通じて職場適性や技能力が判断・評価され、期間終了後に必す本採用になる保証はないことです。

対し「見習」は、アシスタントなどと同様に本採用後の配属ランクで、見習期間終了後は一人前の従業員として責任ある仕事を任されて活躍する。

この2つは明確に異なる。

ちなみに、よくある「研修期間」の扱いは会社毎に違い、試用期間であったり本採用後の教育訓練であったり……。

試用期間なら、本採用時とは給与も異なる例が多いので、期間の長さと合わせて確認すべき。

なお試用期間の長さに法的な定めはないが、本来の目的から見て1〜3カ月が妥当かつ一般的だ。

 


「介護職・ヘルパー」の求人はクリップワーク

介護と医療に特化した求人サイトは「クリップワーク」