やはり正社員を狙わないとソンをする?

未経験からはじめて勤続するなら正社員として就業がおすすめだが、メリット・デメリットはそれぞれ

この質問の背景に、もし「正社員の求人が少ないのでは」という危惧があるなら。

それは、誤解です。

確かに昨今はアルバイトや派遣社員の比率が高まっているものの、求人の実数で見れば正社員募集も増加してきている。

さて雇用形態だが、下記のように、メリット・デメリットがあり、一概にどれがトクとは言い切れ ない。

ただ、末経駿からはじめて長く勤務するつもりなら正社員がおすすめだ。

また管理業務が苦手で現場の第一綜で働き続けたいなら契約社員のほうが向くともいえる。

また志望の内容によっては、アルバイトとして現場に入って正社員登用を狙う方法もある。

いずれも、その内容や条件をキチンと把舞したうえで契約影態を選ぶことが大切だ。

 

働き方の契約形態に見るメリット・デメリット

正社員

●メリット

期限を定めない雇用で、長期勤続が普通。

会社も教育・研修に熱心に取り組み、徐々に大きな仕事を任され、

昇格して役職者になる可能性も。

社会保険適用や諸手当、昇給・賞与など会社の制度に基づいた待遇を受けるのに有利。

●デメリット

配属命令に従うのが基本。

ケースによっては 業務命令による転勤、あるいは意に添わない配置転換も。。。

もちろん出張や残業にも応じる。

また勤務時間や休日休暇についても、就業規則に従う必要がある。

 

契約社員

●メリット

仕事内容や契約期間などが個別に明示されるのが普通。

専門職を生かし好きな仕事に就きやすい。

ハイスキルな募集では、給与が正社員より高めに設定される傾向がある。

契約更新時には昇給や賞与が設定されるケースも多い。

 

●デメリット

契約更新できず長期勤続が難しいこともある。

しかも辞めるのは「契約満了」なので退職金は出ないのが普通。

給与システムは時間給や年俸制も多く、賞与はないか、あっても正社員よりは低めになるのが一般的。

 

アルバイト・パート

●メリット

勤務期間や時間帯を選んで働きやすい。仕事内容を絞らなければ求人数も多く、収入を得やすい。

また幅広い業界で未経験者の受け入れがあり、そこで経験を積めば難関の仕事や正社員採用への突破口になることも。

 

●デメリット

臨時雇用が前提なので賞与や退職金はないか、あっても正社員より低い。

努力しても任される仕事が限られ、技能を磨きにくい面も。

また昇給・昇進の規定もあいまいな例が多く、長く働くほど不利を実感しがち。

 

派遣スタッフ(一般派遣)

●メリット

仕事内容はもちろん、勤務地・働く期間・残業の有無や休日など、登録によって希望に合った柔件の勤務先を紹介してもらえる。

また 、復数の職場での勤務体験が、スキルアップや経験値アップに抜群の効果もある。

 

●デメリット

デメリツト. 雇用され給与をもらえるのは派遣先で勤務している期間のみ。

登録には実務経験や専門技能が必要だが、そのニーズが低いと派遣先も見つかりにくく高い時給も望めない。

通勤交通費や賞与も支給されないのが普通。

 

業務委託

●メリット

得意分野を活かせる。

契約通りに仕事をこなせば、やり方も自由で時間拘束もない。

成果を挙げれば収入アツプ。

実力者の中には驚くほど高収入の人もいるし、

逆に決まった収入分の仕事をこなし余暇を楽しむ人も。

 

●デメリット

独立した事業主なので、労働基準法など労働者を守るための法律は適用されない。

万が一病気なので仕事ができなくなったら収入はゼロ。。と不安。

また、時には厳しい期限条件や支払い条件の要求もある。

 


「介護職・ヘルパー」の求人はクリップワーク

介護と医療に特化した求人サイトは「クリップワーク」